モチベーションアップ

モチベーションアップのための競伝日記
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は出走なし。
後1勝で馬主Lvが上がるので、明日以降でなんとか勝利をもぎ取って欲しいものです^^
ただ、今Sは3歳を大量に引退させたので、勝利数の積み重ねは厳しそう。

今日はKPが足りなくて持続チェックができなかった馬達にピンポイントで持続コメが出ました。
そこそこでしたけどね……。
これまでうちの厩舎では、持続そこそこ、もしくは持続☆2以下の馬は全て駄馬っぷりを発揮してます。持続B以下で活躍した馬っているのでしょうかね。

スピードやスタミナがBでも重賞やGⅠで活躍してる馬は結構いるので、持続はスピード・スタミナよりもはるかに重要パラなのかもしれません。
前にうちの厩舎にスピードB・スタミナS・根性Bの駄目パラでしたが、重賞も勝って、フリレで出したタイム(まぎれですが)が今でも厩舎ベスト(芝2000 M1:55.8)の馬がいました。(通常タイムは56台中盤です)
この馬の近況メールでの長所は瞬発で引退後のパラはSSでしたが、おそらく持続もSSであっただろうと思います。

でも、持続チェックや近況メールで持続SSと思われる馬でも全然タイムが伸びない馬もいるので、持続が最重要とも決め付けられない。
引退後にその馬のスピード・スタミナ・他パラがA以上で、なんで現役時代に走らなかったのか不思議に思うことも多々あります。
競伝の開始当初は競争能力と引退後のパラは一致するかしないかで激しく論議されてましたが、あれは結局どっちに落ち着いたのでしょうかね。

「パラの範囲は広く、同じパラでもかなりの上下がある。そのため同じパラでも能力に違いがある」
これは定説ですが、今までの経験からするとそれだけではないようにも感じます。
高パラ駄馬は依然存在しますしね。

「表示パラ・持続パラ以外に競争能力を決定づける重要な隠しパラがある」
「牧場コメントやカードで分かるのはあくまでも繁殖能力であって、競争能力は別にある」
という疑惑が今でも頭から離れないのは私だけでしょうかね……。
どちらにしろKPを買うつもりもないので、牧場コメに一喜一憂するしかないんですけどね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alzas.blog27.fc2.com/tb.php/11-d9964b54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。